マンコの構造を図解で解説

マンコの構造を図解で解説|セックス初心者が知っておきたいマンコの構造

 

セックス初心者が困る事の多いマンコ(女性器)の構造を図解で解説。女性のマンコにはクリトリス・大陰唇・小陰唇・膣・尿道と呼ばれる部位があり、位置を知っておくとピンポイントで責める事が可能です。また、マンコとアナルの位置関係なども確認しておくと薄暗い部屋でのセックスに役立ちます。

マンコ(女性器)の図解

マンコの構造を図解で解説|セックス初心者が知っておきたいマンコの構造

 

一言でマンコ(女性器)と言ってもかなり複雑。下記では部位ごとに詳しく解説していますので女性のマンコをマジマジと見た事がない人は構造・位置をシッカリ確認しておきましょう。

  • クリトリス・クリトリス包皮
  • 大陰唇
  • 小陰唇
  • 膣口
  • 尿道口
  • アナル

クリトリス・包皮

マンコの構造を図解で解説|セックス初心者が知っておきたいマンコの構造

 

クリトリス

女性のマンコ(女性器)は性感帯が集中する場所ですが、その中でも最も敏感なのがクリトリスです。優しく舐めたり指で刺激して責める事が出来ます。

 

包皮

女性のクリトリスには包皮と呼ばれる皮があり、皮を被った状態を「クリトリス包茎」と呼びます。まだセックス経験が浅かったり、成長過程の問題で、常に包茎状態の女性も多いので注意が必要と言えるでしょう。

 

包皮は無理に弄らない様に

包皮は無理に剥こうとすると痛みが出るので「この子はクリトリス包茎だな」と思った場合、無理な刺激は避けておきましょう。

大陰唇(だいいんしん)

マンコの構造を図解で解説|セックス初心者が知っておきたいマンコの構造

 

マンコ(女性器)の脇を固めるのが大陰唇。周りの肌と比べ黒ズミやザラっとした肌感がある事も多いのが特徴です。

小陰唇(しょういんしん)

マンコの構造を図解で解説|セックス初心者が知っておきたいマンコの構造

 

小陰唇(しょういんしん)は、別名ビラビラとも呼ばれるマンコ(女性器)の部位。女性により違いがありますが年齢と共に発達します。

膣口(ちつこう)

マンコの構造を図解で解説|セックス初心者が知っておきたいマンコの構造

 

膣口(ちつこう)は子宮への入り口。ペニスを入れたり、赤ちゃんが出てくる穴ですので優しく扱いましょう。セックス経験者であればポッカリと穴が開いている為、暗い場所でも手を這わせば確認が出来ます。

 

処女の場合、膣口が狭かったり小さい穴がポツポツと開いている場合があります。

尿道口

マンコの構造を図解で解説|セックス初心者が知っておきたいマンコの構造

 

クリトリスと膣口の中間位置にあるのがオシッコが出る尿道口。暗がりでは見つける事が難しいと思いますが、羞恥的な意味で責めてみると楽しいかもしれません。

アナル

マンコの構造を図解で解説|セックス初心者が知っておきたいマンコの構造

 

アナルは女性器ではありませんが、マンコよりも感じるという人が居るのがアナルです。責めた時の反応で、アナル好きか否か判断できる場合があります。

記事まとめ

マンコの構造を図解で解説|セックス初心者が知っておきたいマンコの構造

 

いかがでしたでしょうか?マンコ(女性器)は個人差が大きく、図解のイラストと異なる形状をしている場合があります。しかし、位置をシッカリ覚えておく事で暗がりでも女性を責める事ができます。